「読書」 一覧

no image

読書

藤沢周平著『たそがれ清兵衛』を読みました 

2017/05/21    

このブログ、本の感想を書いたとたんにアクセスが下がるのですが、ま、たまには本の話も読んでくださいな。

読書

高橋克彦著『炎立つ』 読み応えのある5冊 どっぷり東北にハマっています

2017/05/20    

礼真琴主演『阿弖流為』の予習をきっかけに、高橋克彦の本を読んでいます。 『炎立つ』といえば、いまいちだった大河ドラマのイメージしかなかったけれど、阿弖流為が面白く、読みやすい文章だったのでためしに読ん ...

読書

有川浩著『旅猫リポート』 想像以上に深くて、泣ける話でした。

2017/05/06    

「吾輩は猫である。名前はまだ無い。」のフレーズから始まる物語。 猫というテーマからしてあまり期待できないけれど、薄い本だし、有川浩さんの本なら軽く読めるしまあいいか。 と、勝手に想像して、まんまとヤラ ...

宝塚歌劇 星組 読書

阿弖流為(アテルイ)の物語 高橋克彦著『火怨』  Part3

2017/02/15    

さて、ついに本の感想に入るわけですが・・・どうしよう。書けない。 いろいろ試しに書いてみたけれど、何かが違う。 やっぱり本を読んでもらうのが一番、かな。

宝塚歌劇 星組 読書

阿弖流為(アテルイ)の物語 高橋克彦著『火怨』  Part2

2017/02/14    

さて、昨日の続きです。 『火怨 北の燿星アテルイ』、作者は高橋克彦氏。 「奥州三部作」のうちの一つ。他の2作は、大河ドラマにもなった『炎(ほむら)立つ』と、『天を衝く』。こちらも是非読んでみたくなりま ...

宝塚歌劇 星組 読書

阿弖流為(アテルイ)の物語 高橋克彦著『火怨』  Part1

2017/02/13    

『火怨 北の耀星アテルイ』、読み終わった後、しばらく全身がじ~んとしびれて動けなくなりました。

no image

宝塚歌劇 星組 柚希礼音さん 読書

『ハプスブルクの宝剣』今観た方が面白い?

2017/02/12  

『ハプスブルクの宝剣』、久しぶりにスカステで放送されていました。 確か初めて観たときの感想は、「これはこれで悪くないけど、あの原作を知っているから、原作と比べるといまいち」だったと思いますが、よく覚え ...

読書

父と娘の関係を描いた朝井まかて著『阿蘭陀西鶴』

2017/01/08    

高田郁さんを読んだら次は朝井まかてさん。 最近なぜかいつもこの二人の作品をセットで読んでいます。

読書

女性の生き方を学ぶ 高田郁著『あいー永遠に在り』

2017/01/05    

関寛斎の妻「あい」の生涯を描いた物語。こんな生き方もあるんだなあ。

読書

『本屋さんのダイアナ』久々に面白い本に出会いました。

2016/12/24  

柚木麻子著『本屋さんのダイアナ』 久々のヒットです。 読書好きな少女、かつて読書好きな少女時代を送った全ての人にお勧めしたい一冊。

PAGE TOP

Copyright© ブックづか , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.