宝塚歌劇 星組

トップスター・ロングインタビュー 「紅ゆずるの魅力に迫る」いい番組やわぁ

投稿日:2017年3月30日 更新日:

遅くなりましたが、スカイステージの『トップスター・ロングインタビュー #29「紅ゆずるの魅力に迫る」』みました。

どんだけちえちゃんのこと好きなん。
番組中に何百万回「柚希さん」って名前がでてきたことか。
見てて嬉しくなっちゃうわ。

ナレーション原稿はどなたが?

組のプロデューサーかな。スカステの担当者かな?誰が書いてるんでしょうね?

生徒のことをよく知っていて、魅力を十分に理解している人。その生徒一人だけじゃなく、組のことも理解している人が書いてますよね。

かつ、どう言うとファンの人が喜ぶのかもわかっているのかも。

すばらしい!!

冒頭はちょっと盛りすぎ?って思わないでもなかったですけれど、まあそのくらいがちょうどいいかな。

現代的でスタイリッシュ

って、ちょっと???ってなっちゃいました。紅ちゃんってそんなイメージでしたっけ?現代的でスタイリッシュって、ちえちゃんのことじゃなくて?
紅ちゃんはなんだろうなあ、古典的でもないし、やっぱり「独特で真似をできる人が誰もいない唯一無二の存在。」がいいかな。

明るくサービス精神旺盛な、誰からも愛される魅力的な人。

うんうん。明るいし、本当にサービス精神旺盛。誰からも愛されるのかどうかは、素の紅さんをあまり知らないので何とも言えないけれど、あちこちでそう言われているのを耳にするし、何より組子から愛されているのは事実だと思うので、そうなんでしょうね。

舞台の中で多彩な色を放ち続けてきた

というナレーションもありましたね。ほんと、真ん中に立つスターが経験しないような役、ブルギニョンとかブルギニョンとかブルギニョンやってますもんね(*^_^*)

調香師・執事・ホテル王・ギャンブラー・軍人・武士・インド映画のスター。いろんな色がある。

トップを楽しむ

これ!最高ですよね。

トップスターとはこうあらねばならぬ。こういうことをしてはいけない。

そんなものにがんじがらめになるのではなくて、人生におけるほんの短い時間、組のトップとして、宝塚歌劇団に5人しかいないスターとして、その地位を楽しめるってすごい。

紆余曲折あって、十分な経験を積んだ後のトップ就任だからこその余裕を感じました。
もしちえちゃんが退団した後すぐにトップになっていたら、この境地にたどり着くまでには長い時間がかかったかもしれない。ワンクッションおいたことで、様々なものが見えただろうし、覚悟が決まったんでしょうね。
組としても良い方向に進んでいるし、過去の何もかもが生かされて今の星組があるということを強く感じます。

スカーレットピンパーネルについて

スカピンについても、この大切な時間をいかに楽しむかということに意識をおいているという紅ちゃん。
もしかするともうトップとしてのゴールがみえてたりするのかな。
2年?3年?とにかく任期を満喫してほしい。

パーシーの行動はすべて「マルグリットのことを想ってのこと」という発言がありましたね。そういう風に見てなかったな。次回はそこも注意しなくちゃ。

初日の当日券はロッテリアまで行列ができてたんですね。すごい。
そしてその表現、めっちゃわかりやすいです、小池先生!!!

今の時代の星組にいるということ

ちえちゃんトップ時代に小池先生に言われた言葉。

今この時代にいてよかったと思える日が必ずくる。その時2番手でいたことが財産になる。

いいこといってくれますね。世紀のスター柚希礼音の下で学んだことは絶対べにちゃんの財産になってる!!
べにちゃんだけじゃなく、星組みんなの宝物!!

研2くらいのころからちえちゃんと仲良しで、星組を頼んだとバトンを渡された紅ちゃん。
うけとったバトンを次に託すことばかり考えずに、スター紅ゆずるの印象を観客の心に刻み込むような舞台を見せてほしいな。

ラストナレーション

みんなが心から紅ゆずるのトップスターを応援している。
ともに新しい星組をさらにさらに良い組にしていこうという決意に満ち満ちているように感じる。
たゆまぬ努力を続ける・・・・・

あ~、うちのHD微妙に時計がずれてて、いつも録画の最後が切れちゃう!何言ってたんだろうなあ。

星組ばんざい\(^o^)/

※このブログで引用している言葉は、一字一句そのままというものではなく、だいたいこんな感じという内容を記載しています。あしからず。

ランキング参加中です。下のバナーをぽちっとしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

宝塚歌劇団ランキング

【関連コンテンツ】

-宝塚歌劇, 星組

Copyright© ブックづか , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.