旅行 グルメ

京都桜めぐり① 蹴上インクライン~山元麺蔵

投稿日:2017年4月10日 更新日:

今年の桜はなんだか様子が変ですね。
咲き始めるのも遅ければ、咲き方もまばら。
同じ木でも場所によって咲き方が違ったりして、ボリュームに欠ける気がする。

でもやっぱり桜はいいなあ。春が来たなあとしみじみ感じますね。

本日のお花見コースは蹴上インクライン→山元麺蔵→平安神宮→二条城→雪ノ下

まずは第一弾、午前中のレポートです。
お花見に行った人もそうでない人も、写真で花見をお楽しみください。

蹴上インクライン

地下鉄東西線「蹴上」駅下車すぐ。
階段を上がって駅から外に出たら左方向に進みます。少し上り坂になる方向。
ほんのちょっと進むと左手に石造りの、お寺だったか神社だったかの入り口を示す門のようなものが見えてくるので(アバウトですみません)そこを通り階段を上がると、写真の場所に到着します。

線路と船と桜。蹴上インクラインというのは、船を運ぶ傾斜鉄道だった場所だそうです。

田辺朔郎さんと桜。この方、琵琶湖疏水の産みの親。琵琶湖疏水というのは、琵琶湖の水を京都に送るための水路ですね。京都の人々の生活に欠かせない大切な水を送る設備を作ったのがこの方なんです。


線路の上を歩きながら桜を見る。他ではなかなか体験できません!!綺麗なお着物を着た花嫁さん花婿さんも撮影にきていました。南禅寺で結婚式なのかしら?

どこを切り取っても絵になりますね。

こんな感じで、積み荷をたくさん載せた船を運んでたのかな。

坂を下から上がってくる人も多かったけれど、線路だし砂利道だし、上から下ってきた方が絶対楽。ちなみにこの日は午前9時半位に到着しましたが、既に結構な人出でした。もうちょっと遅い時間になるともうぎゅうぎゅうかも。

線路が尽きた先には記念館もあります。

坂を下りきると南禅寺。南禅寺も桜がきれいでしょうね。

2時間並んだ山元麺蔵

さて、心が満たされた後はお腹を満たさねば!!
ということで、ここのところ話題を呼んでいる岡崎のうどんやさん「山元麺蔵」へ。
11時オープンだけれど、10時半時点で既に行列。お隣のうどんやさんも人がずらり。

一緒に行った友人とおしゃべりをしながら待つこと2時間!!12時半というちょうど良い時間にお昼にありつけました。
桜のシーズンと言うことでいつもより長い行列だったようですね。



名物土ゴボウ天うどん920円。
器になみなみと注がれたお出汁。見た目麺が少なそうに見えるけれど、いえいえ実は中にはどっさり入ってます。
食感は、讃岐のようなもちもちではなく、かといって大阪うどんのように柔らかいわけでもない。なんと表現していいかわからないのですが、ちょうどその中間くらいっていえばいいかなあ。


ゴボウだけアップにしてみました。
天ぷらそのものにも味はついているけれど、トッピングにカレーパウダーがついていて、カレー味を楽しむのも良し、そのまま食べるのも良し。私が一番気に入ったのは、おうどんの中に投入する食べ方。
おいしかったのでゴボウのお持ち帰りもしちゃいました。

次に行く機会があればカレーうどん食べてみたいな。そして単品でゴボウ天を頼もう。

お米にもこだわりがあるようだったので、炊き込みご飯も注文しました。結構な量だから、二人で1つでもよかったかな。ちょっと濃いめの味付けでもちっとしたご飯でした。

おなかいっぱい!!!

お店のHPはこちらです。

さて、続きはまた明日。

平安神宮と二条城の枝垂れ桜は7分咲き位でした。水曜日くらいが満開かな。その前に雨が降る予報になっているのが気になるところ。

ランキング参加中です。下のバナーをぽちっとしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

宝塚歌劇団ランキング

【関連コンテンツ】

-旅行, グルメ

PAGE TOP

Copyright© ブックづか , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.