宝塚歌劇 星組

スカピン千秋楽のニュースを見て唖然&次回ポスターについて

投稿日:

星組『スカーレット・ピンパーネル』終わりましたね。長かったな。宝塚が3月に始まったからまる3か月か。ずっと同じことやってるって大変。

久々に星組熱で盛り上がろうと思っていたのに、宝塚ニュースで千秋楽の映像をみてげんなり。

だってねえ・・・・

暴走する紅パーシー

例の遊びの場面ね。ショーヴランが仮面舞踏会に何着ていくかってところ。
毎日趣向を凝らして頑張ってるんだろうけど、あそこが一番だいっきらい!!
私がスカピンという作品が好きではないのはすべてあの場面のせいだ!!
ここが軽くなるのに引きずられるように、作品全体が軽くなって、紅ちゃんが暴走しだしてどうしようもなくなっていく。

千秋楽は歌っちゃってましたね。次回作『オーム・シャンティ・オーム』の主題歌を。
パーシーだけじゃなく、ショーヴランにマルグリットまで。

もはや『スカーレット・ピンパーネル』じゃないやんそれ。革命時代のフランスに『オーム・シャンティ・オーム』なんて存在しません。

まずもって、舞台の上では役として生きる!そんな当たり前のことを平然と無視して遊ぶのはやめてほしい。パーシー・ブレイクニーじゃなくて紅ゆずるが顔を出すのはアウトでしょ。

大大大大大好きな星組でもこれだけは嫌だったのよ!!!

3月のお披露目初日に私書きましたよ。紅ちゃんのパーシーがすごく良かったって。あの時点ではとても真面目にパーシーを演じていて、妙な悪ふざけもせず、ちゃんと品のあるイギリス紳士だったことにすごく好感がもてたから。あのパーシーはどこにいっちゃったんだろうか。悲しすぎる。

『オーム・シャンティ・オーム』はチケット結構あまっちゃってるみたいだし、次回大劇場公演も危険。ここで一気にトーンダウンしてしまわないように、なんとかがんばってよ!!

『ベルリン、わが愛』ポスター

茶色いですね。宙組に続き2色。私的に好きな色合いだけど、めっちゃ暗そうだなあ。
心にじんわり沁みる系だったらいいけど・・

あーちゃんはどことなくマルグリットを引きずっているというのか、またもやそういうタイプの女性役なのかな?

べにちゃんはパーシーとはうって変わって真面目で神経質そう。あえて何かに喩えるとするなら「ロスグロ」の絵の先生。あの紅ちゃんは良かったな。ああいう役をみせてくれるのなら大歓迎だけれど、どうなるかしら?

今の私の気分としては観劇は1回か2回か・・まこっちゃん2番手になって初めてのショーというのがめちゃめちゃ楽しみだけれど、澄夫ちゃんだし、また世界旅行だし・・・なんか公演始まってからでも十分チケット取れそうだし・・・事前に予定立てることもないかなあ。

って、今日はなんだか星組を悪く言っていますが、私は星ファンですよ。星しか見えてない星ファンですよ。星組を身内だと思っているから、だから毒も吐けちゃうのかも。本気の悪口ではなく、全身全霊で愛のむちをふるっているのですよ。

そこのところご理解いただけると幸いです。

今日はもう燃え尽きました。それではおやすみなさい。
(更新は14日夕方にしていますが、この記事を書いたのは13日夜中なので。)

ランキング参加中です。下のバナーをぽちっとしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

宝塚歌劇団ランキング

【関連コンテンツ】

-宝塚歌劇, 星組

PAGE TOP

Copyright© ブックづか , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.