宝塚歌劇 星組

礼真琴さん9年の歴史 スターロングインタビュー

投稿日:

スカイステージのスターロングインタビュー第63回目に登場するスターさんは星組の礼真琴さん。

ついにこっちゃん、スターロングインタビューだよ!!ここまできたよ!!初演の“愛”の頃から観ていた身としては、感無量ですね。

こっちゃんの初舞台は2009年。なんと私が今の仕事に転職した年です。そっか、こっちゃんが4月で研10ということは、私も11月には10年目になるんだ。9年って言葉にすると長いけれど、経験するとあっという間だな。

『ロミオ&ジュリエット』初演の愛では、まだまだ下級生なのに、やわらかく包み込むようなやさしい「愛」そのものの姿を見せてくれましたよね。まだ男役ともいえない若い時期だったからこそのやわらかさだったのかもな。

『ノバ・ボサ・ノバ』新人公演のルーア神父もめちゃめちゃ懐かしい!!そういえばやってたね。

『めぐり逢いはふたたび』のルーチェも懐かしい!!新公のさそりを生で観たというのは私の自慢だよ!!『エトワールドタカラヅカ』新公はこっちゃんうそみたいに出ずっぱりだったなあ。

新公といえば『ロミオ&ジュリエット』。当日券早朝から並んだ記憶も懐かしい。

『REONⅡ』を観に博多までいったなあ。

最近の私の星組の歴史はほぼ礼真琴さんといっしょにある(というかちえさんと一緒ともいえる)。
一緒にいろんなことを経験してきた気分です。

この番組で一番印象的だったのは、多分だけど、こっちゃん、あの話しぶりから察するに、娘役に転向することを考えた時期があったってことですよね。
小柄で、童顔で、それでも「礼真琴は男役であり続ける!!」とわき目も振らずに男役道を突き進んでいたのだとばかり思っていたので驚きました。もし娘役になってたらどうなっていただろう。ちゃぴちゃんと並ぶ二大娘役トップスターになってたのかな。もうしかするともう退団してたかもしれないな。もっと早くにスターになって、退団して早い時期から外部の舞台に出るようになっていたほうが、ミュージカル女優としては成功したかもしれない。ちょっとした選択の違いで、全く違う人生だったのかもしれないんですね。結果、男役を続けていくことにしてくれてよかった。私は今のこっちゃんを見ることができて嬉しいです。

ね。

しばらく星組観なくてもいいかなって気持ちもあるんだけれど、やっぱりこっちゃんだけは観たいしなあ。これから先がますます楽しみですもんね。次はどんなこっちゃんを見せてくれるのかな。

ランキング参加中です。下のバナーをぽちっとしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

宝塚歌劇団ランキング

【関連コンテンツ】

-宝塚歌劇, 星組

PAGE TOP

Copyright© ブックづか , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.