宝塚歌劇 星組

星組『ドクトル・ジバゴ』だんだん楽しみになってきた

投稿日:

『ドクトル・ジバゴ』漏れ聞こえてくる評判が良くて、だんだん観劇するのが楽しみになってきました。
瀬央っちがまた一つ化けたっぽいですよね。

『ドクトル・ジバゴ』ってロシア革命時代の話なんですね。
ロシア文学って、難しいし、暗いし、眠いし・・・でも空気感が好きなんです。

初日のニュース冒頭いきなり瀬央っちで、「おお、瀬央ゆりあさんもついに主役か!!」と錯覚してしまう嬉しさ。
ここのところ、ひと公演ごとに大化けして、どうしちゃったのかしら。
どこまで成長するのか、どれだけの可能性を秘めているのか、まだまだ楽しみな男役さん。
次はバウの主演かな?
せおっちはどこまでいけるのだろう。

轟さんはいつまでも変わらないと思っていたけれど、やっぱり老けたなあ。
それでもギリシャ彫刻の容姿は健在。
ナウオンステージでは司会がまさかの同期の華陽子さん。
「相変わらずおひげが似合う」とか言われて、いつもと違った面白い空気でしたね。

ヒロインの有沙瞳ちゃんはこっちゃんと同じで見るたびに顔が違う。一瞬誰だかわからない。
眼が大きくて頬骨が高いお顔は、舞台化粧が映えますね。歌の場面があまり映っていなかったけれど、今回も聴かせてくれるのかしら。
轟さんとの8小節のキスシーンが気になるところ。

天寿光希さんはいやらしいおっちゃん!!
きゃあ!!
メインの役以外にもいろいろバイトをしているようで「てんてんを探せ!!」で1回観劇できちゃうかも。今回てんてんだけじゃなく、みんないろんな役をやってるみたいですね。

麻央侑希君は随分影が薄くなっちゃって・・・先日紫藤ちゃんのことも書いたけれど、スターとして育てられてきた人が、真ん中から少しずつそれていくのを見るのはつらい。誰もがトップになれるわけじゃないですもんね。厳しい世界だわ。

小桜ほのかちゃんは若いのに老け顔で、ある意味轟さんの相手役に似合っているのかも。
色が白いせいなのかなあ。あごのラインというか、なぜか若さが感じられない。
芸達者さんなんですけどね。

今週末1回限りの観劇、楽しみです!!

ランキング参加中です。下のバナーをぽちっとしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

宝塚歌劇団ランキング

【関連コンテンツ】

-宝塚歌劇, 星組

Copyright© ブックづか , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.