宝塚歌劇 雪組

栄養・睡眠・真彩希帆!

投稿日:

昨日は宙組誕生20周年記念イベントの日だったんですね。
6時過ぎてるのに劇場の明かりがついて、人が多いから何事かと思った。

チケットの抽選申し込みを忘れた時点で、イベント開催日もすっかり忘れてました。
あ~、見たかったなあ。


さて、「栄養・睡眠・真彩希帆」
TOKYOMX「タカラヅカカフェブレイク」で立川らく次さんが言っていたフレーズです。

そういやちょっと前にどなたかのブログで「栄養・睡眠・真彩希帆」のフレーズを観たのはカフェブレだったんだ!
関西は2週間遅れの放送なので、まだ来週もひかりふる公演中の番組放送です。

立川らく次さん、さすが言葉のプロ。うまいこといいますよね。

らく次さんの宝塚落語観てみたいわあ。
天満の繁盛亭でやってる「はなしか宝塚ファン倶楽部」もいつか観たい!!

と、落語の話はさておき、今週のカフェブレのゲストは真彩希帆さんでした。
きぃちゃん、いつみてもかわいい!!元気いっぱい!!
結局私はわかりやすくキラキラしている人が好きなのです。

らく次さんの「栄養・睡眠・真彩希帆」というのは、具合が悪いときには「栄養」と「睡眠」とほんの少しの「真彩希帆」で元気になれるという意味です。
そうですね、今のタカラジェンヌで、みているだけで元気をもらえる人といえば真彩希帆ちゃんだわ。

番組中で放送されていた舞台映像は例の「できーないわーーー」は歌い上げバージョン。
ここだけ切り取って聞いていても鳥肌もの。声もしっかり出ています。
聞いているだけで涙がでてきそう。

男役のパワーを持った娘役さんですね。
あっ、でも望海風斗さんの前では男前な一面は絶対見せないんですよね。
かわいい!!

きほちゃんも、彩風咲奈さんも言っていたけれど「望海さんは毎日違う」っていうのは、一緒にお芝居をしている人にしか感じられないものなんだろうな。
毎日ちょっとずつ違うマクシムを感じて、それにあわせて自分の歌も芝居も変わってくる。
そういう経験はしろたえ的にはなんだか懐かしくて、その気持ちを味わえるジェンヌさんがうらやましいって思います。

番組内で色紙に書いた言葉は「自由っていうのは自分の人生に責任を持つってことさ」byルノー婦人でした。
この言葉いいですよね。
『1789』にも出てくるフランスの人権宣言「自由とは、他人を害しないすべてのことをなしうることにある。」とおおよそ同じ。
『1789』でこの言葉を聞いたとき、心の中にずどーーーんと入ってくるものがありました。

きほちゃん、星組に残っていて欲しかった。
まこっちゃんの相手役にこれ以上の人はいなかっただろうに。ちょっと学年が近すぎた。

今後の公演予定は『誠の群像』『凱旋門』と、どういうわけか初演月影瞳さんの役が続きます。
月影さんも歌うまさんだったけれど、きほちゃんとは持ち味が違うから、次はきほちゃんに合わせたオリジナルの作品を観たいな。

そういえば今週末久々に月影さんの歌を聞きます。『誠の群像』も歌うのかしら。

ランキング参加中です。下のバナーをぽちっとしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

宝塚歌劇団ランキング

【関連コンテンツ】

-宝塚歌劇, 雪組

Copyright© ブックづか , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.