宝塚歌劇 宙組

真風涼帆の魅力に迫る|トップスターロングインタビュー

投稿日:

新トップスターのスカステ番組といえば『トップスターロングインタビュー』。
ナレーションの方の穏やかな声と的確な表現が、ファンの心をがっちり掴む番組です。

この番組の冒頭とラストのアナウンス、誰が考えてるのかな。
ファンの心をくすぐる最高の表現をしてくれますよね。生徒さんのことをよく知っていて、ファンの心も知っている人。誰だろう。
スカステスタッフ?組のプロデューサー?担当の番組作家さんみたいなひとがいるのかな。
その人を良く知っていないと書けないコメントだけに、愛を感じます。

さて、今登場するトップスターといえば、当然真風涼帆さん。
冒頭のアナウンスに出てきた言葉は「ダイナミックかつ華やかな魅力を兼ね備えた男役」。

そうなのよ~、なんだけどそのダイナミックさに最近陰りが・・・

真風さん自身はおっとりぽわんとしているのにトークを聞くととてもしっかりとしていて、きちんと考えてから話しているのが伝わってくる、誠実な人。タカラジェンヌらしくないといってはなんですが、ものすごく普通の感覚を持っている人。
そこも魅力ですよね。

いつもおだやかにわらっているって『雨ニモマケズ』みたいだけど(笑)いついかなるときも感情が安定していてざわっと波立つことがなさそう。ご本人的には喜怒哀楽がもちろんあるんでしょうけれど、全然表に出てこないところが大物感あふれてる。

容姿はめちゃめちゃ格好良くて、普通に女性として生きていたらどんな感じの人なのか想像がつかない。
宝塚に入るべくして生まれた人。
音楽学校の募集要項がでてる時期に熊本で『大海賊』の公演があって、たまたまゆりかちゃんがその公演を観たのがきっかけって、運命だわ。

宙組の『NEVER SAY GOODBYE』で初舞台。小池先生ですね。ロケットが全然かわいくないと怒られて、これが小池先生からのしごかれ人生の始まりだったと(笑)柚希礼音さんトップ時代は小池作品めちゃめちゃ多かったですもんね。

新公の初主演は研3でしたっけ?安蘭けいさんのサヨナラ公演『My dear New Orleans』。
そして柚希礼音さんのトップお披露目公演『太王四神記 Ver.II』」も。
ここからずっと主演を独占してたのかとおもいきや、意外とそうでもなかった。
2年くらい間が開いてたんですって。
次に主演をしたのは『オーシャンズ11』。もうこの頃には新公出てるのが詐欺なレベルでしたよね。
最後の新人公演『Étoile de TAKARAZUKA』では、スターらしい華やかな場面は真風さんが、柚希さんらしい実力の必要な場面は礼真琴さんがと、ちえさんの役を二人で分けていたのが印象的。

ずっと柚希さんの背中を見てきたと同時に、星組人生において欠かせない存在だったのが紅ゆずるさんだとか。
うんうん。
二人の不仲説がささやかれていた時期もあったけれど、こちらから見ている分には仲良しさんですよね。
真風さんのトップお披露目初日には紅ちゃんからメールが届いたっていうし、今回の公演も、紅ちゃんは観劇してすごく泣いてたって聞くし。
そうそう、大劇場お披露目公演の初日は、公演が終わったら星組の上級生がたくさん舞台裏で待っていてくれてたんですって。
そりゃ、われらがゆりかちゃんの勇姿を見ないわけにはいかないですよね。
いいなあ。
裏からだけじゃなく、客席でも星組さんたくさん観劇されてたみたいだし、そういうの嬉しい。
(でも生徒が良席に座るのは納得がいかない部分もある)

番組では星組時代のことをいろいろ振り返っていて、映像をみると、やっぱり早乙女わかばちゃんと組んでいることがすごく多いですね。
一緒に宙組に・・・・というわけにはいかなかったんだなあ。

いつも言っているけれど、私の中で真風さんといえば木村先生。
木村先生が描く真風さんはどの役も格好良い。
木村先生のお稽古はパッションとエネルギーがあふれているって話していましたね。
『日のあたる方(ほう)へ-』のジキルも良かったし、『太陽王』のボーフォール公はめちゃめちゃ格好良かった。
私の一番好きな役は、一つだけあげるとすればボーフォール公かなあ。

武道館の頃の黒髪も最高でしたね。
宙組に組替えになってすぐの『王家に捧ぐ歌』のウバルドまでが、オラオラギラギラの真風さんで好きでした。

それ以降は随分印象がやわらかくなって私の好みではなくなったと思っていたけれど、今回映像を改めてみると、『シェイクスピア』も格好良かったな、『エリザベート』のフランツも良かったんだったな。

でもやっぱりオラオラギラギラした姿もみたい。今後機会があるかしら?

最後のアナウンスでは「天性のスター性や積み重ねてきた実力」「強い意思」「無限の可能性」なんてワードが出てきました。
真風さんはどのくらいトップでいてくれるのかな。
長い気もするし、意外とあっという間なのかもしれないけれど、残りの在籍期間中に、宝塚の男役にしかできない役をいっぱい魅せてほしいですね!

ランキング参加中です。下のバナーをぽちっとしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

宝塚歌劇団ランキング

【関連コンテンツ】

-宝塚歌劇, 宙組

PAGE TOP

Copyright© ブックづか , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.