宝塚歌劇 星組

感情がおさまらない!!|男役道星組七海ひろきさん

投稿日:

ブログのネタノートを忘れてしまって傷心のしろたえです。

梅芸の星組「サンダーボルトファンタジー」、初日のチケットが当たりました!!!
次はニューウェーブ!!メンバー的にそこまで見たいってものでもないけど・・・せおっちは観たい。
ただ・・・せおっちはやっぱりお芝居してなんぼだからなあ。

というわけで、星組番「男役道」2回目観賞!!

七海さんって何者なんでしょうね。
生まれつきの男役?生まれつきのホスト??
すごすぎません???
女性は大切に扱わなくてはいけないと教えたお父様もすばらしい。
なぜか女の子なのにそれを幼い頃から実践してきた七海さんは男役の英才教育を受けて育ったようなものですね。

他にもいろいろ普段の心構えがすごすぎる。普段から「壁ドン」してるとか、もうどういう世界やねん!!って感じやし。
それでいて、全然「がんばってます!!」ていうんじゃなくて、「な~んにも考えてない」ってサラッといってしまえる上級生感。

投げキッスの2段構えなんて始めてみた。いままで聞いたことない!!!
他にもいろんなことが、身体に染み付いててなんでもすぐにその場で実践できちゃう。
上級生から習いました!!ではなく、オリジナルで身につけたものがたくさんありそう。
格好良い男性になったつもりで街でレストランに入る、なんてことやってる男役さん他にもいるかしら?

いやあ、星組にいなかったタイプだわ。っていうか宝塚にいないタイプだわ。
すばらしいの一言に尽きる!!
舞台から袖に入って「感情がおさまらない!!!」ってなるなんて、どんな感性してるんだろう。

これまでの他組の「男役道」は、帽子の持ち方とか、一緒に実践して習うタイプだったけれど、七海さんは一味違う。
普段普通にやってることを話すだけで「男役とは?」を下級生に教えられる。
もう極めてます!!

下級生3人のことも上手にほめて持ち上げて、全てを肯定的にとらえる人なんですね。
これはもしかしたら89期の傾向かな。
この学年は人を良い気持ちにさせて乗せて伸ばすのがうまい人が多い。

何をするにおいても、七海さんにとって一番大切なのは「心」なんですね。
形から入るタイプの人は多いけど、「心」が先に動いて、「やりたい」と思うからウインクをするとか、そういうのってかなり難しいと思う。
しかしあのくっさいショーの姿が、形からではなく心から入っているとは、タダモノじゃないな。
「自分がこうしたいと思うまでカッコつけなくて良い」っていうアドバイスがとても新鮮。

ショーではめちゃめちゃ濃くて臭いのに、お芝居だとナチュラルになるのも不思議ですよね。
いつも涼しげで飄々としてる感じ。面白い二面性だな。

あ、気づいたら七海さんの話ばかりになってしまった。
だってまるで「七海ひろきを称える会」みたいな番組になっていたんですもん。
一緒に出演していた下級生は、夕渚りょう君と、極美真君と奏碧タケル君でした。

3回に渡って宝塚ニュースの中で放送されてきたこのコーナー。
第三回目は、七海さんから下級生3人へのあたたかいメッセージ。
上級生たちってみんな下級生のことちゃんと見ててすごいですよね。サラリーマンの世界ではそうはいかない。宝塚の良いところだなあ。

ってことで「男役道」星組編終わってしまいました。
次はどんなコーナーが誕生するのかな。

あ!!7月のスカステで「スカピン」放送ありますね。「瑠璃色の刻」も「MY HERO」もある。ということは「阿弖流為」は9月か?10月か??

ランキング参加中です。下のバナーをぽちっとしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

宝塚歌劇団ランキング

【関連コンテンツ】

-宝塚歌劇, 星組

PAGE TOP

Copyright© ブックづか , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.