宝塚歌劇 星組

星組「アナザーワールド」「キラールージュ」感想2回目

投稿日:

本日は星組大劇場公演千秋楽ですね。
早速阪急交通社さんから、台湾公演観劇ツアーの案内メールが送られてきました。
SS×2回観劇プランとかすごいな。

さて、感想は千秋楽ではなく一日前の日曜日の感想です。

アナザーワールド

正直1回でもお腹いっぱいで、2回目は観たくないって思っていました。
でもチケットあるし、星組大劇場今年はこれで最後だし、と自分を奮い立たせての観劇。

結果は。
「物語として面白い」と感じました。内容を分かっているし、落語やコメディを楽しむような笑いは(私の中で)なかったけれど、ストーリーが良くできていて面白いな、と。

「そ~れそれそれありがたや~~~」と、最後の決戦のところの2曲が頭の中をぐるぐる。
お芝居も5月頭に見たときと比べるとちょいちょい変わっていた気がします。

一緒に観劇した方々からは、誰が誰だかわからないとのコメント多数。オペラグラス使うのやめたという声も(笑)なり切りもいいけど、もうちょっと鬼さん普通の顔にならないかしら。

今回とっても気になったのが、こっちゃんの目元。
もともと目元に皺のある子だけど、昨日はいつにもましてくっきりとした線が。
眼も紅ちゃん並にあいてなかったし、何かあったのだろうかと心配に。
それでも歌唱力は健在。いつもと変わらずお上手でした。完璧だ!!
どうしちゃったのかしら??

全体的に、最初にみたときと比べて綺麗にまとまった感がありました。
何故かみんな歌が上手に聞こえたしね。
罪がないっていうのか、気軽に楽しめていいですね。

キラールージュ

1回目はざざざざ~~~っと流れて気が付いたら終わってたけれど、2回目はもうちょっと楽しめたかな。やっぱり今回のショー、あーちゃんがひたすらかわいい。

キラールージュの主題歌って難しいのかな?
み~~~~~んなスッゴク下手なんですけど・・・。
音程変えるか曲を変えるかしないと、あれで台湾いくのはツラ過ぎませんか??

ショーを観ていると、勢いがある人はやっぱりちがうなあっていうのがはっきりと見えてきますね。どこを観ても瀬央っちに眼が行く。他の人と比べても動きがダイナミックで目立つ。長身が活きてきましたね。そして天華えまちゃん。この二人から強いエネルギーが放出されているのを感じます。

二人と比べて、麻央君と紫藤ちゃんがおとなしい。性格なのかなあ。押しが足りない!!紫藤ちゃん、もっともっと頑張らないともう厳しいところにきてる。
礼=瀬央=天華=極美のラインが築かれつつある気がするよ!!
とはいえニューウェーブもあるし、まだ巻き返しできると思う。頑張れ!!

このショーで好きな場面を一つ上げよと言われると、私はやっぱりこっちゃんを中心とした男役大階段の場面かな。星男らしい香りがぷんぷん。

さて、このショーに次に出会えるのは夏の終わりの梅芸。星組さん、それまでさようなら~~~。

[LINK]
礼真琴&綺咲愛里という組み合わせはいかが?

ランキング参加中です。下のバナーをぽちっとしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

宝塚歌劇団ランキング

【関連コンテンツ】

-宝塚歌劇, 星組

Copyright© ブックづか , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.