宝塚歌劇 雪組

『ひかりふる路』は今日も名作だった

投稿日:

明日見ても名作、10年後に見ても名作。
すばらしい作品は永遠にすばらしい。


NHKBSで待望の『ひかりふる路』『スーパーボイジャー』の放送がありました。
ダントン、会いたかったぜ!!

やっぱり、細かいところまで良く考えられ、良く出来た作品ですね。

凱旋門と同じ上演時間なのに、たくさんの出演者に見せ場があって、みんなが満足できる作品。
凱旋門も良い作品で、音楽もすばらしいけれど、なんせ役がなさすぎる。
今後再演するなら、ドラマシティとかバウホールくらいの規模でやったほうがいいかもな。
客席の集中力も上がって、より心に迫るものがある気がします。

で、『ひかりふる路』
ん~、やっぱり希帆ちゃんの「できーないわ~~」が一番の見どころ。
一緒に観賞していた母が、「娘役さんにひっぱられてるね」って言うくらい、希帆ちゃんの力が大きい。
けど、今回放送分はちょっと物足りなかった気もする・・・舞台はもっとすごかったよね。

望海さんのロベスピエールはヒーローではないけれどこの役を必死で生きていて、観ている側にも力が入ります。

そして永遠のヒーローダントン。
いやあ、ダントンってこんなに格好良くて、冷静に世の中が見えていて、懐の大きい男だったのだろうか。
絶対違うな。
生田先生の描く彩風ダントンは最高に良い男!!
さきちゃんの舞台を観ていると、どれだけ役を作りこんでるんだろうって、思います。
普段のイメージと舞台のイメージが全然違う。
でも舞台上で、とっても自然。積み重ねて身につけてきたものがしっかりとあるんだなっていうのをすごく感じます。

最近私の心を射止めている彩風さんは、素顔は本当に美しいのに、舞台メイクをするとちょっときつい感じになっちゃうんですよね。
十碧ちゃんみたい。

ほんと、彩凪彩風コンビは星組の十碧麻央コンビとかぶるわ。

そして、アーサのサンジュスト。
舞台では見落としていたあーさの表情が、映像では結構写っていて、ぞっとするところも。
あそこ笑ってたのは知ってたけど、あんなに満面の笑みだったかなあとか。
最高のはまり役なんじゃないかしら。

あー、頭の中がひかりふるの音楽でいっぱいに。

改めて、生田大和作品は、細部まで神経が行き届いていてすごいなと感じたのでした。

ランキング参加中です。下のバナーをぽちっとしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

宝塚歌劇団ランキング

【関連コンテンツ】

-宝塚歌劇, 雪組

PAGE TOP

Copyright© ブックづか , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.