宝塚歌劇

写真集ってどうしてる?

投稿日:2019年3月3日 更新日:

美弥るりかさんの写真集が発売になりましたね。
今日本屋でちらっとのぞいてきました。
どちらかというとダークで大人な雰囲気の写真集。
美弥ちゃんが大尊敬する涼風さんにそっくりな写真も1枚ありました。
きっと彼女のこだわりの詰まったものになっているんだろうなあ。

そして柚希礼音さんの写真集『ETERNITY』が4月に発売になると発表がありました。
スコットランドで、20周年に合わせて撮影した税込み5184円。
高すぎる~~~。
でも見たい、欲しい!!!

いや、ちょっと待って!!
退団のときの写真集とスクラップブックどうしてる??

私の場合、2~3回みると満足しちゃって、以後ほぼ開くことがない。
本棚に大事に保存されていて、それはそれでいいんだけど、今回のは高額なだけにやはりためらってしまう。

皆さん写真集って何回も何十回も繰り返し繰り返し、穴が開きそうなくらいまで眺めるものですか?
写真集だけじゃなくエッセイ本も。

私の手元には、麻路さきさんの本が2冊、写真集が1冊。
ちえちゃんの本が1冊、写真集が1冊、スクラップブックが1冊。
それに風花舞さんと白城あやかさんの写真集が各1冊。

どれも捨てられない。でも極力家の中はすっきりさせたい。

読書は好きだけれど所有欲がなくて、小説はほとんど手元に置いてないのに、宝塚の写真集関係は捨てられない。
置く場所がないわけじゃなし、老後の楽しみにとっておくのかな。
それとも持っているだけで満足しちゃうのかな。

先のことはわからないけれど、基本何回も見ないもののためにお金出して保存しておくのはどうもなあ・・・・と。

で、このタイトルとなったわけです。

パンフレットとか歌劇とか、置いてる人は大量にコレクションされていることと思います。
折に触れ読み直しているのでしょうか?
それともやっぱり持っていることが嬉しい?
どうなんでしょう。

あ、それでちえちゃんの本買うかどうか。
まだ結論は出てないけれど、多分買わないんだろうなあ。

そうそう、次の次のちえちゃんの舞台『ファクトリーガールズ』。海外ミュージカルの輸入かとばかり思っていたら、新作なんですね。
これもまた、観ようかどうしようか迷うところ。
ちえちゃんもソニンも大好きだけど、公開されたビジュアルにイマイチ興味が持てなくて。

結局私は宝塚ファンでしかないのかな。

ランキング参加中です。下のバナーをぽちっとしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

宝塚歌劇団ランキング

【関連コンテンツ】

-宝塚歌劇

PAGE TOP

Copyright© ブックづか , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.