宝塚歌劇 星組

星組「食聖」「エクレールブリアン」千秋楽の思い出

投稿日:2019年8月26日 更新日:

書くこと多すぎて千秋楽の公演の感想が後回しになっていました。
東京公演始まってないから、まだ書いてもいいよね。

ゴッドオブスターズ食聖の思い出

何回見ても天界?のプロローグがすごい。
はちゃめちゃすぎて、どんなお芝居が始まるのか不安になる破壊力。

そのプロローグの期待に負けないお芝居でしたよね。
紅孩児、日本で急激に知名度を上げたな。

千秋楽、前楽のひとつまえの公演といえばセディナの貸し切り。
これが私が最後に生で観た紅ちゃん&あーちゃんの舞台でした。
セディナの貸切公演はよく観劇しますが、どの組も必ずどこかで「セディナ」と一言いれる。
それが、今回の星組公演なんてアドリブいくらでもいれられそうなのに、「セディナ!」の声がなかったんです。
他のアドリブも。

クレジットカード止められたっていうセリフがあるから、そこで「セディナさんなんとかして!!」とか入れられそうなのに、なかった。
すっご~く不思議だったんです。
そして人から聞いた話によると前楽もアドリブがなく、楽も通常以上のお遊びはなかった。

なんでだろう?

最後に向けて、余裕がなかった?絶対時間を押せなかったとかかなあ。珍しいこともあるもんだ。

このお芝居、観るたびに変わってて、飽きさせない仕様になっているのがすごいんですが、さすがに立て続けに観ると・・・
コメディってそこが難しいですね。

4回見て、そのうち3回は10日の間に見たからもう十分に堪能したかな。
悔いはないわ!!

東京に行ったら、東京仕様になるのかな。関西とはウケ方が違いますもんね。どうなるのかちょっと気になるけれど。

千秋楽はライビュで見たから、いつも以上に紅さんに目がいくし、しかもドアップになるから、格別美しかったです。

前髪と横顔!!

素敵だった!!

超端正!!

もうこれも見納めなんだなあ。

エクレールブリアン

なんでこのショーがこんなに好きなのかよくわからないけれど、お気に入りのショーです。

ライビュの残念なところは、どうしても画面が大きい分色が暗くなってしまうこと。
暗い場面は見づらいし、ショーのようなふんだんに照明を使っている舞台は、明るさの違いが気になる。

お芝居のプロローグで2階からのアングルがあったので、カメラ2階にある!!!!とめっちゃ期待。
なんだけど、ちょっと違う。

プロローグ、全員が真ん中に集まって、そこ!!そこで2階カメラ!!!!

「そこ違う!!!!」

もう遅い!!

あ、今あーちゃんアップにするところだから!!

もう!!ってなってました。

監督させてくれ~~~~~!!頼む!!

ボレロも前半はなかなかいい感じのカメラアングルだったのに、後半、そこは紅のアップじゃない!!ってところで紅ちゃんが大写しになっちゃったり、もどかしい・・・。
観たいようには映してもらえないもんだな。

改めて、ボレロはあーちゃんの凛とした美しさと星組力が際立っていて大好き。
観る席によって感動が全然違うのが難点だな。

着替えた紅ちゃんが登場するあの瞬間が好き。

気になるのは見るたびに痩せていくこっちゃん。
ボレロでは特に頬のやせ具合が目立つ。
もうちょっとお肉つけて!!

黒燕尾は全部好き。
トップスターが中央で踊って、次期トップが男役を引き連れて階段を下りてくるのもよければ、いくつかのグループに分かれて踊るところで、紅ちゃんが全部のグループに入るのも好き。
紅ちゃんとれんとまおのところも好き。
そこからの紅ちゃんとこっちゃんの二人の踊りも。

そこからの、男役が全員フロアに降りて踊っているときに、一人堂々と階段を下りてくるあーちゃんの勇ましいこと。
あの時、何が見えるのかな、何を思っているのかな。
女王あーちゃんが男役たちと順番に踊るところもいい!!
あそこのこっちゃんのソロ歌も好き!!
楽の日は、麻央君があーちゃんをリフトするところで拍手が起こってましたね。

そしてそして、紅ちゃんが走り出して、あーちゃんを後ろから抱く。
あの瞬間が大好き。

強いインパクトのある作品ではないのに、いいショーだなあとしみじみ思える不思議。

すごく紅ちゃんのファンというわけではないのに、心に響く作品でよかったなあ。

ランキング参加中です。下のバナーをぽちっとしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

宝塚歌劇団ランキング

【関連コンテンツ】

-宝塚歌劇, 星組

PAGE TOP

Copyright© ブックづか , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.