宝塚歌劇 星組

エルアルコン鷹にシラノドベルジュラック?

投稿日:

今日はタカスペですね。
tweetは見ないぞ!見ないぞ!!と思っていても、開くとレポートが流れてくる。
今日はスマホ封印して、明日のライビュに臨みたい。

星組の別箱ラインアップが出ましたね。
全国ツアーは『エル・アルコン-鷹-』『Ray -星の光線-』。
ドラマシティは轟さん主演で『シラノ・ド・ベルジュラック』。

エルアルコン、初演は安蘭けいさん主演。
観てなかった時代だなあ。

tweetをみていると、喜びの声がながれてくるけれど、そんな期待すべき作品なのだろうか。
プロローグと天寿さんの子役しか知らないな。
特に興味がなかったから映像すらみていない・・・

観てないから、喜ぶことも悲しむこともないけれど、それが自分的に面白くない。

『Ray -星の光線-』がすごく良かったらみてもいいかなあ。
あ、でも梅田公演少ない。しかも平日のみ。
名古屋行く?
ひつまぶし食べがてら(笑)
チケットとれたらね。

それよりも、こっちゃんのファンだけど、シラノの方に興味がある私をお許しください!

だって、星組の轟組って、当然有沙瞳ちゃんヒロインに瀬央ゆりあさん二番手でしょ!
って勝手に決めてる。

そうじゃなかったとしても、間違いなく良いお芝居見せてくれるだろうという期待大。
グループ分けがどうなるかにもよりますね。

とりあえず、宝塚の、星組のシラノ・ドベルジュラックといえば麻路さきさん主演の『剣と恋と虹と』。まりこちゃん史上一番お歌があれで、私的に封印したい記憶でもあり、いや、作品の世界観、雰囲気が好きな作品でもあります。

まあ、死なないんですよ。まりこちゃんが。
死んだと思ったら動く、今度こそ?と思ったらまたしゃべる、みたいな。

そういえば、今はだいもんがなぜそんなに死ぬのかといわれているけれど、まりこちゃんもよく死んだなあ。
超絶反射神経が良いと話題になった、橋の上のアンドレから始まり、土方歳三も、剣と恋のエドモン様も、最後の皇帝ネロも、亡くなるまでの過程がきっちり描かれているのが特徴でしょうか(笑)

話がそれましたが、『剣と恋と虹と』はシラノを原作にしているオリジナル作品だけれど、今回のは正真正銘の『シラノ・ド・ベルジュラック』。どんな作品になるのかな。

轟さんが愛するヒロインを演じるのは有沙ちゃんしかいないと思うけれどあるいは音波さんという選択肢もあるのでしょうか?専科から星蘭ちゃんだったりして。

なんにせよ、まだないも見えないな。
スカステでエルアルコンの放送があったら見てみようかな。

ランキング参加中です。下のバナーをぽちっとしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

宝塚歌劇団ランキング

【関連コンテンツ】

-宝塚歌劇, 星組

PAGE TOP

Copyright© ブックづか , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.