宝塚歌劇 星組

柳生忍法帖やっと読み終わった!!

投稿日:

柳生忍法帖、ようやく読了。
あ~、大変だった。
一気に読めたのは、本当にラストだけかな。

で。なんでこの作品を宝塚で?
艶めかしくて残忍で、主人公柳生十兵衛がヒーローでもなければ格好良くもなく、おゆらはヒロインじゃない!
主役なのに、7人の女性をサポートする役回りってのがなあ。
ずっと般若のお面被ってたらどうしよう!(さすがにそれはないでしょうが)

ストーリーの大枠を残して、中身はかなり書き換えるのだろうけど、そこまでして「宝塚化」したいのかな。

それでもぎりぎり、大人のトップコンビの組なら何とかなるかもしれないものの、何で今の星組で?

唯一の救いは、宝塚では珍しく、娘役の役が、出番が多いことかな。
魅力的な星娘たちがたくさん見られるのは嬉しい。
美しくも格好いい女性として描かれてるといいなあ。

あ、あと!おそらくあるであろう、ことせおの立ち回りも楽しみ。

悪役だけど7本槍の並びも格好良いこと間違いなし。

でも、これ読んで、「わあ!早く見たい」とか、ワクワク感が湧き上がってこない。
阿弖流為は原作の『火怨』が面白くて、上演前からすっごい楽しみだったのに。
柳生ものがやりたかったのなら、山岡荘八の『春の坂道(柳生宗矩)』を選んでほしかった。あれはハマる。

どう作り変えてくるのか、まるでイメージがわかない今の段階での私の気分は、「星組だからしかたなく観る」。
1回でいいかなあ・・・。
他組だったら絶対パスだわ。いや、まず原作読んでないかも。
公演観てこの気持ちが覆されるといいけどな。

きっと、映像を駆使するんだろうな。小説はペン一本でどこにでも飛んでいけるけど、舞台はそうはいかないもんな。

実はダンディズムもあまり好みではないんだよなあ…

さて、どうなるか。

こっちゃんを愛でに、1回か2回は観劇したいと思います。

ランキング参加中です。下のバナーをぽちっとしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

宝塚歌劇団ランキング

【関連コンテンツ】

-宝塚歌劇, 星組

PAGE TOP

Copyright© ブックづか , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.